一般規約条項

各位

ELLCIのイタリア語コースを申し込まれるに当たって、以下の条項をお読みの上、ご了承ください。

第1条 入学申込み

 第1条第1項 入学のお申し込みには、オンライン申請フォームにご記入の上、送信していただく必要があります。
 第1条第2項 授業料に加えて、登録料をお支払い頂きます。登録料は1年間有効で、80ユーロです(2週間までのコース受講の場合は40ユーロ)。登録料には、入学テスト、教科書やその他の教材、当校の教師が案内するガイド付き見学、最終試験、ヨーロッパ共通参照枠に準拠したイタリア語レベルを証明する修了証が含まれます。
 第1条第3項 未成年者の入学については、保護者の承諾書が必要となります。

第2条 支払い

 第2条第1項 お支払いは、PayPal(クレジット・カードでのお支払いが可能)、または当校銀行口座への送金(銀行手数料は送金者の負担)という選択肢があります。お支払いいただいた金額を受領後、事務局は入学を承認いたします。

 第2条第2項  授業料の30%、入学金、その他のオプション・サービス(宿泊予約など)の料金を前払いすることも可能です。その場合は、コースの開始15日前までに残金をお支払いください。就学ビザが必要な場合、もしくはコース開始前15日未満のご予約の場合は、全額お支払いいただく必要がございます。

第3条 授業

 第3条第1項 グループ・コースの授業は、月曜日から金曜日まで行われます。プライベート・コースの授業は、月曜日から土曜日の間に行うことが可能です。イタリアの祝日には授業は行われません。すべての授業はイタリア語で行われます。
 第3条第2項 授業は、コミュニカティブ・ランゲージ・ティーチング(CLT、コミュニケーションのための言語教育)に従って、ゲームや歌、その他のインタラクティブな教材を使用した能動的な活動を通じて展開されます。受講者の積極的な参加が求められます。
 第3条第3項 当校では、定期的に受講者のイタリア語のレベルと授業の進捗状況を評価するためのテストを実施します。当校は、試験の結果に基づいて、受講者を適切なレベルのクラスへ配置する権利を有するものとします。
修了証を受領するには、合計受講時間の70%以上の出席が義務付けられます。度々の欠席が認められる場合、当校は、受講者を適切なレベルのクラスへ配置する権利を有するものとします。
 第3条第4項 受講者が個人的理由(旅行、病気、仕事など)によりグループ・レッスンを欠席する場合、補講および返金は致しかねます。プライベート・レッスンに関しては、少なくとも24時間前にキャンセルの連絡がなされた場合には補講可能です。

第4条 住居

 第4条第1項 当校に住居の斡旋を依頼される場合、諸々の事情で必ずしもご希望に添えないこともございます。その場合には、代替案をご提案いたします。到着日および退去日をEメールにてご確定いただく必要がございます。当校はあくまで、受講者と家主間を仲介する立場にあり、両者間の関係については責任を負わないものとします。
 第4条第2項 宿泊施設の斡旋(検索と予約)料は50ユーロです。この斡旋料は宿泊代に含まれない費用であり、受講者によるキャンセル等がございましても返金いたしかねます。
 第4条第3項 住居代の支払い方法は、選択された住居によって異なり、当校によるものではありません。入学お申込みおよびお支払いが完了した後、事務局より、住居予約に関する手続きについて連絡があります。
 第4条第4項  住居の予約をキャンセルまたは変更される場合は、遅くとも退去日の4週間前に家主へ告知いただく必要がございます。返金が発生する場合は、借主と家主間の交渉によるものであり、当校は責任を負わないものとします。
 第4条第4項  宿泊施設に損害が生じた場合、賠償は家主に直接なされるものとします。受講者は、当校が斡旋した住居において適切な振舞いを心掛け、隣人および同居人に迷惑をかけないよう努めてください。予約された住居に入居できるのは受講者に限ります。住居内にゲストを招待されたい場合は必ず、あらかじめ家主の許可を得る必要があります。

第5条 キャンセル

 第5条第1項 入学申込みをキャンセルされる場合は必ず、Eメールまたはファックス、あるいは書留郵便にて当校にご連絡ください。
 第5条第2項  コース開始日の15日以上前にキャンセルが通告された場合、お支払いいただいた授業料の15%および年間登録料の80ユーロを除いた残額を返金いたします。また、その期限内に通告した場合、コース受講の権利を他者に譲渡することも可能です。
 第5条第3項 キャンセルの通告がコース開始日から15日未満になされた場合は、お支払いいただいた授業料の30%および年間登録料の80ユーロを除いた残額を返金いたします。
 第5条第4項 コース開始後にキャンセルを通告された場合、登録料および授業料の返金には一切応じられないものとします。但し、受講者は12ヵ月間有効な受講バウチャーを受け取ることが可能です。
 第5条第5項 奨学生のキャンセルは認められません。
 第5条第6項 就学ビザを申請される場合、コースのお申し込みおよびキャンセルの適用条件は上記と異なります。以下に続く第9条をご参照ください。
第5条第7項 コース開始後、定期的に出席できない場合またはコースを途中で放棄される場合、返金には一切応じられません。但し、不可抗力により受講を中断する場合は、受講者は12ヵ月間有効な受講バウチャーを受け取ることが可能です。

第6条 保険

受講生の保険の適用範囲は校内のみです。したがって、本国出発の前に適切な保険へのご加入をお勧めいたします。

第7条 個人情報の取り扱い

受講者様は、ELLCIが受講者様の登録に関連する管理目的のために、個人情報をELLCIのデータバンクに保管することをご了承ください。当校は、コースの新情報やプロモーションなどを随時 、Eメールでお知らせする場合がございます。受講者は、いつでも、EU一般データ保護規則(2016/679)に従って、すべての個人情報の削除を要求することができます。

第8条 写真および動画の撮影

当校は、コースや課外活動の間に撮影した写真および動画を、宣伝材料に使用する権利を有するものとします。但し、宣伝材料としての写真および動画の掲載に同意しない場合は、コース開始前、事務局にその旨を書面にてご提示いただく必要がございます。この宣伝材料には、商業的または契約上の価値はありません。

第9条 就学ビザ

 第9条第1項 ビザが必要な場合、予約およびキャンセルにおいて特別な条件が適用されます。EU市民でない場合は、90日を超えるコースを受講される際、就学ビザの申請が必要となります。その場合は、入学申込みおよび授業料のお支払いが完了した後、イタリア大使館・領事館での就学ビザ申請に必要な書類一式を、生徒様のご自宅まで国際宅配便にてお送りいたします。発送料は60ユーロとなります。
 第9条第2項 受講生は、ビザの申請手続き、およびそれに関連する費用の責任を負うものとします。当校はビザの申請に責任は負いませんが、必要が生じた場合には、イタリアの機関との交渉をサポートすることは可能です。
 第9条第3項  就学ビザ申請用の書類を発送した後は、ビザ発給を却下されない限り、コース受講をキャンセルすることはできません。
 第9条第4項  ビザ発給が却下された場合には、当校に返金を求める権利が生じます。その際には、大使館または領事館から発行されるビザ発給却下通知書および、当校がお送りしたビザ申請用書類一式の原本をご返送いただく必要があります。お支払いいただいた金額から、80ユーロの登録手数料、書類送付費用および返金手数料50ユーロを差し引いた額が返金されます。。

第10条 コースのプログラムおよび授業料の変更

当校は、コースのプログラムおよび授業料を変更する権利を有するものとします。

第11条 条件の受諾

当校のオンライン入学申込みフォーム、もしくは入学申し込みに関する書類へのご記入により、受講者は「一般規約条項」を受諾したと見なされます。