学習プログラム

外国人に向けたイタリア語指導で長らく経験と実績を築いてきた当校は、様々なタイプのイタリア語コースをご用意しています。
学習者は主として4つの言語能力―聴解力、読解力、文章作成、会話―の習得を目指します。

さらに、学習が進むにつれ、イタリア文化やライフ・スタイルと切り離すことのできない、イタリアならではの習慣・ジェスチャーなどによって表現される非言語コミュニケーション、「第5の能力」も培われていくでしょう。

当校のプログラムは、レベルに応じ、以下の要項にしたがって進められます。
• 文法の集中学習
• 正しい発音を身につけるための音声学的アプローチ
• 慣用句・熟語を含め、一般用語および特殊用語を習得。
• 構文を習熟
• シチュエーションに応じた対話、テーマを設けられた討論(ディベート)、フリー・トークを通して、イタリア語のコミュニケーション能力を高める。
• 書籍・映画・音楽教材を利用して、読解力および聴解力を高める。
• イタリアの文化および習俗への理解を深める
当校のレッスンはイタリア語のみで行われ、学習者同士は休憩中もイタリア語で会話するよう努めていただきます。

教材
当校の教師は、コース開始時に皆様にお渡しするテキストブックに加え、イタリア語教育を専門とする様々な出版社から発行されたテキストを含む膨大な書籍リストから選ばれた教材を使用しますので、生徒の方々は最良の教材で文法、単語・熟語、構文を学ぶことができます。
聴解力・会話力を高めつつ、イタリア文化への理解を深めるために、新聞や雑誌の記事、小説やエッセーの抜粋、イタリア映画(イタリア語音声・字幕に限られたもの)、音楽などを教材として使用します。当校の教師はこうした教材を活用して、読解・聴解力を鍛えるレッスンを展開するのみならず、テーマを設けられた討論(ディベート)やフリー・トークも進めていきます。

教師
当校の教師は全員イタリア人であるのはもちろんのこと、大学で言語学を学び、外国人にイタリア語を指導する資格を備えた経験豊富な人材ばかりです。
イタリア語指導のみならず、ツアー・ガイドの資格も備えた教師が月2回、美術館や史跡・文化財に生徒の方たちをお連れする無料の課外授業を行います。
午前・午後の両コースとも、2人の教師がクラスを交代で担当します(学習プログラムを最善な形で進めるため、両教師は常に情報を共有して連携を図ります)ので、生徒の方々は、教師それぞれのスタイルや語彙、取り上げるテーマなどにおいても、偏りなく学ぶことができます。但し、夜間コースは各クラス1人の教師が担当します。
専門コースでは、上記の資格や経験に加え、それぞれのコースに関連した分野の専門知識を備えた教師が担当します。